a 通販で購入するデメリット

自転車通販

自転車を通販で購入するデメリットはアフターサービス

自転車も通販で購入できる時代です。人は15分歩く距離(1キロくらいでしょうか)になると徒歩より自転車で行くことを選ぶようです。確かに納得ですね。

しかし、自転車人口は増えているのに自転車屋さんて減っているように思いませんか?これは通販で購入する方が増えてきているからだと思われます。

通販は自転車に限らずメリットが多いと思いますが第一に運ばなくていいということが大きいです。大きな荷物や重い荷物であればある程、通販の有難さが分かります。

ですが、自転車の場合はデメリットもいくつかあります。

一つ目にアフターサービスです。変速付きの自転車の場合、ワイヤーの初期伸びがあります。ご自身でワイヤーテンションやディレイラーの調整は可能でしょうか。

メンテナンスも充実!と宣伝しているところも多いですがきちんと確認しましょう。アフターサービスが1時間当たり5~6,000円も必要なこともありますので確認した方が間違いないです。

それから納期に関しも確認が必要です。自転車が届くまでに1、2週間かかったりすることもあります。すぐに自転車が欲しい場合には必ず確認するようにしましょう。

特に、通販で購入される方の中には、希少価値の高いものをお買い求めになる方が多いですから、故障した場合にはそのパーツは取り寄せることになると思います。

防犯登録に関してもお近くの自転車屋さんに赴く必要があります。自転車本体、身分証明証、販売許可証、購入した際の領収書なんかも必要とされるかもしれません。

こだわりをもっていらっしゃる方には希少価値のある自転車を購入できるという利点が通販にはありますが、購入後のことも熟慮の上、ご判断ください。